初めてのマザーボード交換 ソフトウェア編

さて、今回はソフトの話なのだが、私はここでさまざまな失敗、トラブルに悩まされた。

 

もともと使っていたhddを使う

 

osは買っていなかった。というのももともとのhddがそのまま使えるという勘違いをしていたのだ。しかし、Alienwareのドライバが入ったhddは正式なマザーボードでないと使えないらしく、起動しなかった。

しかし、osが無かった私は必死で調べて、何とかそのロックを解除することに成功。だが、新しいマザーボードのドライバが入っていないためマウスもキーボードも動かない。どうしようかとAlienwareの説明書を見ているとwindows 7 のディスクを発見。

 

ドライバが入らない

 

上記のwindows7を入れるために家にあったssdを用意してマザーボードのドライバをインストールしようとした。しかし、「this model is not supported」と出てインストールできない。検索すると電話で連絡を取って旧バージョンをもらい解決したと出てきたが、そこまでは面倒くさかったので別の方法を考えることにした。

 

ps/2のキーボードでやっとosインストール完了

 

ドライバがない状態でosのインストールが出来ないかと調べていたら、ps/2端子のキーボードを使えば出来ることがわかった。幸運にもこの端子のキーボードは家にあり、それを使ってインストールしようとしたのだが、このssdでは出来ないと表示が出る。調べると、未割り当てじゃないと出来ないらしい。ssdを専用の機器を使ってノートpcにつなぎ、未割り当てにして、osをインストール。無事インストール完了。 その後、マザーボードのドライバもディスクを入れてインストール。今回は無事インストールできた。

 

とりあえずosはインストールできたが今現在も、スリープからの立ち上げが出来ない、グラフィックボードの調子が悪いなどの不具合があり、自作の大変さを思い知らされている。